« ソロモンの指環 | トップページ | たったひとつの冴えたやりかた »

2010年1月 8日 (金)

深夜食堂 1~5

/阿倍 夜郎/

今夜は少しアルコールが入っているので、軽めのお気に入りをご紹介しよう。
ほっと心をなごませる、短編集だ。
思わず台所に立って、何かつまみを作りたくなる。

マスターは、片目に傷のある、ちょっといかつい、おじさんだ。
営業時間は、深夜0時から朝の7時頃まで。

場合によっては、もうちょっと営業するし、事情によっては、突然貸し切りになったりもする。

メニューは、豚汁定食にビール、酒、焼酎の4種類だけ。
後は注文によって、出来るものなら何でも作ってくれる。

一話10~20ページの中で、時にはおなじみさん、時には飛び込みの、いろいろなお客さんとマスターとのやりとりの間に、一つの物語が浮かび上がってくる。

客の注文はいろいろだ。

思い浮かばなくて(あるいはこだわって)豚汁定食の人、赤いウィンナーを炒めたやつ、ポテトサラダ、納豆定食、ミディアムレアのたらこ、鯵の開き、冷やしトマト、さんま蒲焼き丼・・・

それぞれの注文には思い出や思い入れがあって、そこを何気ないマスターの一言がタイミングよくからんで、話が展開していく。

おもしろいのは常連さんや居合わせた人が、この2人の(あるいは3人、4人の)やりとりに脇から参加し、同じものを注文したり、問題解決に知恵を貸したりするところだ。

深夜に外で食事をする、きっと寂しい人たちのはずなのに、店の中はなぜか暖かい。

凝った難しい料理は登場しない。
材料はありふれた、でも簡単ににひとひねりした、そんなおつまみが脇役だ。

えらぶった人にはちょっとムッとする、そんなマスターのこだわりも、話にスパイスを利かせてくれる。

細い線で丁寧に、でも何となくぎこちなく、書き込まれたイラストが、ほのぼのとした物語の雰囲気を盛り上げる。

ビッグコミックオリジナルで連載中、ドラマ化されてTBSで毎週水曜日深夜0時34分から(マスターは小林薫。これが実に当たり所だ。)放送されていた(十話まで)。
(DVD化もされるらしい。)

私が最近作ったのは、キャベツの塩昆布和えだ。
ごま油を少したらしこむ。
ぱりぱり、さっぱりいける。
ぜひ、お試しあれ。

          にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ  ←クリックお願いします。励みになります。
にほんブログ村

|

« ソロモンの指環 | トップページ | たったひとつの冴えたやりかた »

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/47233468

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜食堂 1~5:

« ソロモンの指環 | トップページ | たったひとつの冴えたやりかた »