« 消えた「最後の授業」言葉・国家・教育 | トップページ | 最後の授業 »

2010年1月 5日 (火)

すべてを食べつくした男・やっぱり美味しいものが好き

『すべてを食べつくした男』

『やっぱり美味しいものが好き』

/ジェフリー・スタインガーテン/

前述『アマンダ・・・』のエッセイにも登場した人物である。

もともと弁護士だった彼は、大食漢、熱心で凝り性な性格を発揮してエッセイを書くうちに、とうとうフードライターになってしまった・・・

 

彼の立場は一貫している。

まず健康のために食べるのではない。

食べるから健康なのだ。

おいしいものが、体に悪いはずがない。

それをさまざまな実験、データ分析で証明しようとする。



好き嫌いをすることは、偏見があるからである。

これに挑戦するためには、嫌いなものを食べ続けることだ。

半年間嫌いなものを一日1種は食べるように努力し、証明した。



おいしいものは、味わうだけではいけない。

自分で作れなければならないのだ。


ケチャップについては自分でも作ってみた上、さらに35種類をろえて試食して評価した。

自分で和牛が上手に焼けなければ、日本にまでやってきて焼き方を学んだ。


フライドポテトを作り続けた。

ジャガイモや油の種類をいろいろ変えてみる。

温度、切り方、下処理、揚げ方、道具(電動フライヤー数個による実験を含む)を試してみる。

フライの匂いで、奥さんに愛想をつかされる。

とにかくすることが徹底している。




続編『やっぱり・・・』では、さらに凝っている。

おいしいトロが食べたくて、ホンマグロのトローリングに出かけたり、おいしいポテトグラタンを極めたくて、2~3週間毎日作り続けたり・・・




私が一番おもしろかったのは、『やっぱり・・・』の中の『国境の南-タコスの誘惑』だ。

おいしいタコスを作れるようになりたくて、アメリカ西海岸のサンディエゴからメキシコのバハカリフォルニアまで15回も通い続ける。

あまたのタコスを食べ続けてようやく店主の信用を勝ち取り作り方を伝授してもらう。

さらにまた、タコスを包むトルティージャを作る女性に、会うことを拒まれて苦労をする、という話である。


もちろん最後には、なんとか女性にも会えて、マンハッタンの自宅で試行錯誤を繰り返してそのタコスを再現できるようになるのだが。



おいしいものを食すということにかける情熱。

辛口だが内容の濃い2冊である。

     

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村  ←ランキングに参加。押してくださると励みになります。

|

« 消えた「最後の授業」言葉・国家・教育 | トップページ | 最後の授業 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/47233458

この記事へのトラックバック一覧です: すべてを食べつくした男・やっぱり美味しいものが好き:

« 消えた「最後の授業」言葉・国家・教育 | トップページ | 最後の授業 »