« 星座を見つけよう | トップページ | プロヴァンスの青い空と海 »

2010年1月19日 (火)

ル・クルーゼで料理

/平野由希子/

ル・クルーゼは、フランス製のほうろうの鍋のことで、けっこう値がはります。
でも一度使うともう手放せず、さらに小さいの、大きいのと買い足したくなる、魅力的なお鍋です。
その利点はまず、シンプルな素材を使って、簡単な方法で、おいしく料理ができることです。

地球丸社のこのシリーズ、1は『15分でつくる編』、2は『ゆっくりつくる編』そして『日々のごはんと、季節の味と』という副題の『ル・クルーゼのMENU(ムニュ)』という3冊です。

平野さんの本はいっぱい持っているのだけれど、今日はこの1『15分でつくる編』をご紹介しましょう。

シンプルで簡単という紹介の通り、この本には15分以内でできる料理ばかり60点ほどが収められています。

ル・クルーゼは重い蓋が特徴で、蒸気を閉じ込めた煮込み料理が得意です。
一方たっぷり鉄を使ってどっしりとした本体を活かして、少ない油で『炒める』『揚げる』、野菜の水分を利用して『蒸す』『さっと煮る』『ゆでる』などでも、素材の味を上手に引き出してくれて、おいしく調理できるのです。

私がよく作るのは、

『そら豆のソテー』
そら豆をさやから出すのが少しめんどうですが、ゆでたものより濃厚な味になり、ワインに合います。

『かぼちゃのシナモンバターソテー』
この組み合わせがたまりません。

『にんじんとクミンのオリーブ油炒め』
にんじんの甘味が引き立ちます。

『緑野菜の蒸しゆで』
野菜をたっぷり食べられます。

『キャベツの煮びたし』
油揚げにしみた煮汁がやさしい甘さです。

『ひじきごはん』
ごはんは別に炊いて、ナンプラーで味付けしたひじきと白ごまを混ぜます。

『ポテト&ハーブのフリット』
いわゆるフライドポテトですが、ジャガイモを冷たい油から加熱していきます。
フライドポテト研究家のお薦めの作り方(もっと複雑)に、とても近い味になる気がします。
『すべてを食べつくした男』の紹介のページ



本当に使用頻度の高い本で、ほとんどいつも私のキッチンのカウンターの上に乗っています。
そして忙しい普段の日はこの『15分でつくる編』、時間がある週末は『ゆっくりつくる編』という具合に使い分けています。

他の本についても、これからゆっくりご紹介していきましょう。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

応援してください。クリック!


|

« 星座を見つけよう | トップページ | プロヴァンスの青い空と海 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/47340048

この記事へのトラックバック一覧です: ル・クルーゼで料理:

« 星座を見つけよう | トップページ | プロヴァンスの青い空と海 »