« すべてを食べつくした男・やっぱり美味しいものが好き | トップページ | 時の旅人(アウトランダー・シリーズ) »

2010年1月 5日 (火)

最後の授業

    /ランディ・パウシュ/


これは、小説ではない。

2008
年8月に癌で亡くなった、アメリカの大学教授の行った本当の意味での『最後の』授業の記録(DVD)と、それについてのエッセイである。

アメリカでは、退任時に『最後の授業』をするのが慣例となっている。

著者は自分が癌でもう治る見込みが少ないと知ったとき、まだ小さい3人の子どもたちに自分が残せる記録として『最後の授業』を引き受けたのだ。

その内容はとても前向きである。

自分がいかに科学を好きで、その道を志してきたのか。

両親がどんなふうに、自分の興味の芽を伸ばしてくれたのか。

チャンスをどのように活かし、掴み取ってきたのか。

教えることの、何がおもしろくて、どんな工夫をしてきたのか。

子どもたちが、もっと大きくなってから伝えたかったことを、明るく熱心な授業にまとめ、スライドを駆使して聴衆にも伝えようとしている。

この素晴らしいメッセージを、あなたにも共有して戴きたくて、ここに書きました。

ぜひ、DVD版を購入してください。

 
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
 にほんブログ村 

ランキングに参加しました。
クリックしてください。
励みになります。

|

« すべてを食べつくした男・やっぱり美味しいものが好き | トップページ | 時の旅人(アウトランダー・シリーズ) »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/47233459

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の授業:

« すべてを食べつくした男・やっぱり美味しいものが好き | トップページ | 時の旅人(アウトランダー・シリーズ) »