« グリムス:ノートチェックが続いています。 | トップページ | グリムス:今日のキーワードは『植林』 »

2010年2月19日 (金)

実験:電熱線

中学2年生の『電流と電圧』の学習に電熱線を使った実験がありますが、生徒は電熱線をバネと勘違いして伸ばしてしまいがちです。

そこで、技術の先生に板を切っていただいて、板に貼り付けてみました。

500w

500Wの電熱線を、ヒートンで固定したものです。

こうするとけっこう大切に扱ってくれます。
板に取り付けるのに、最初は銅の釘にしようかと思いましたが、ヒートンの方がしっかり固定できるし、作業も楽なことがわかりました。
真鍮のヒートンを使って抵抗値を求めてみたら、余り影響もないようでした。

さらに、板に貼り付けると抵抗の記号と形が似てくるし、ヒートンの部分が大きいので鰐口クリップをつけやすいという利点があります。

Photo

500Wと300Wを並列につないだところです。

Photo_2

『電熱線の温かさを感じてみて』と言うと、生徒は上の写真のように、電熱線の下に手を差し込んでしまいます。
そうすると電熱線を伸ばしてしまうこともあるので、『上から触ってね』と付け加えるようにします。

Photo_3

リード線は、上の写真のように、班ごとにカードにまとめています。
最初は乱雑だったのに、何度も実験をしているうちに、とてもきれいに片づけてくれるようになっていったのが印象的でした。
電流計や電圧計、電源装置も、今ではとても整然と並んでいます。

|

« グリムス:ノートチェックが続いています。 | トップページ | グリムス:今日のキーワードは『植林』 »

理科の実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/47543053

この記事へのトラックバック一覧です: 実験:電熱線:

« グリムス:ノートチェックが続いています。 | トップページ | グリムス:今日のキーワードは『植林』 »