« An Echo in the Bone 骨の中のこだま1 | トップページ | An Echo in the Bone 骨の中のこだま3 »

2010年6月26日 (土)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま2

ひきつづき、物語の紹介です。

数日後、クレアが治療に使うヒルを捕っているとき(こういった詳細な部分が好きなのです。18世紀に生きるクレアの姿が生き生きと語られています)、ジェイミーがやってきてクレアを『スペイン人の洞窟』に案内してくれます。
この洞窟が何なのかは、ここで説明しないことにしますが、これから大切な役割をするものなのです。
また、クレアに手作りのナイフをプレゼントしてくれます。
クレアはそれをもらうために、1ペニー支払わなければなりません。
新しい刃物には、支払いをしなければならないとジェイミーが言うのです。
『そうすれば、それは主人を知ることになる。』

一方マンハッタンに駐在しているウィリアムは、ハル叔父から手紙を受け取ります。
ハルは、彼の養父ジョン・グレイの兄なのです。ハルについても、『死者から届いた日記』を読むとより詳しくその人柄がわかります。
ハルの手紙は簡潔ですがその中に一言、『ドッティーがよろしくと言っている』という文が意味ありげです。ドッティーはハルの娘、ウィリアムのいとこですが、ウィリアムにとって単にあいさつをもらった以上の意味があるようなのです。

ウィリアムは、いっしょに従軍しているいとこのアダム(ドッティーの兄です)と、町にくりだします。そしてそこで凄惨な事件の現場を見てしまうのです。
それは、ある酔っ払った将校が一人の娼婦の腕をつかんで家から引きずり出し、彼女をひっぱたき、『梅毒持ち!』と罵っていたのです。まさにその通り、娼婦の口元にはその病気特有の発疹が出ています。将校はアダムの知り合いらしく、アダムは『ローダム!』とその名を連呼し、ウィリアムも止めるために近づこうとしたのですが、梅毒(当時最も恐れられていた伝染病のひとつです)に興奮した群衆に妨げられ手をこまねいているうちに、なんとローダムがランタンを彼女に投げつけるのです!
ランタンの油を浴び、娼婦はたちまち燃え出します。何もできないうちに、彼女は叫ぶことを次第にやめ、真っ黒な死体となって横たわります。
怒りにかられ、我を忘れ、ウィリアムはローダムを殴りつけます。そして唐突に怒りの火が消えると、感情を押さえつけた声で『行け!』と怒鳴り、誰もいなくなった街路を後にします。ウィリアムの正義感が強く、行動的なところはジェイミーを彷彿させます。
アダムとウィリアムの2人は、黙って宿舎に帰りますが、気付くと2人は涙を流しているのでした。


さてクレアの方は、ビアズリー兄弟と結婚したリジーの2度目の出産を待っています。
兄弟と結婚した?そう、不審に思う方は多いと思いますが、ビアズリーは双子の兄弟で、リジー以外の人には見分けがまったくつかないのです。そして、どういったいきさつで一度に2人と結婚したのかは、前著『炎の山稜を越えて』をお読みください。
私はやはり、リジーのことをだらしないと感じてしまうのですが、クレアはヒーラー(治療師)として、しっかり面倒をみているのです。
でも今度の出産は前回と異なり、難産です。赤ん坊がとても大きいからなのです。
ほとんど医療技術が発達していない18世紀には、これはとても危険なことです。
最悪の場合、リジーを助けるために、生きている赤ん坊の頭蓋骨をつぶしてリジーの胎内から出す必要があるかもしれない。そう考えただけで、クレアは吐き気がします。
『それともまさか、双子?』自問自答しながら、クレアは出産を手伝うのです。

そしてついに、クレアとジェイミー、彼らの養子イアンの3人は、愛するフレイザー・リッジに別れを告げ、スコットランドへの船旅をするために旅につきます。


アメリカからロンドンに一時帰国したジョン・グレイは、ウィリアムからの手紙を受け取ります。
手紙がジョン・グレイ行きつけのレストランに届いたというところからして、怪しいのです。
他の家族に知られたくないどんなことを書いてきたのだろうと思って開封すると・・・


頑張れ、ウィリアム!
応援してくださる方は、クリックをお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

手紙の内容は、ウィリアムの衝撃的な告白なのです。
アメリカへ従軍する直前に、あるパーティーの席で、彼女の魅力に我を忘れて深い仲になってしまった。もちろん、帰国してから彼女と結婚するつもりである。しかしハル叔父が、別の男とドッティーの結婚を考えているらしい。ぜひジョンの力でハル叔父を説得し、ドッティーに恥をかかせないためにも、その結婚を止めて欲しい・・・

もちろんジョン・グレイは、ショックを受けます。
そして何度も手紙を読み返し、それから火をつけて燃やします。
さて、ウィリアムとドッティーの恋の行方はどうなるのでしょうか?
こちらも思わせぶりな展開になっていくようです。

では、ここまでで130ページ。
話は現代のブリアナの周辺、18世紀のクレアの周辺、ウィリアムの周辺、ジョン・グレイの周辺の4か所で進んでいきます。
私はブリアナの箇所を読むとき、一番わくわくします。
今までの謎が解けそうな気がするから。そしてビートルズやアポロなど、自分の生活とのつながりを感じるから。

|

« An Echo in the Bone 骨の中のこだま1 | トップページ | An Echo in the Bone 骨の中のこだま3 »

原書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/48714099

この記事へのトラックバック一覧です: An Echo in the Bone 骨の中のこだま2:

« An Echo in the Bone 骨の中のこだま1 | トップページ | An Echo in the Bone 骨の中のこだま3 »