« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月20日 (火)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま6

183ページ 第19章

ウィルミントンについてすぐ探してみると、ジェイミーとクレアが火事で死んだという記事を書いた『ウィルミントン・ガセット』新聞社の場所は、とても見つけやすかった。というのは、その新聞社自身が、火事で焼失していたからである。
ファーガスとマルサリの印刷屋だけが、この界隈で生き残っていることになったのだ。

『あなたが経営者ですか?』とジェイミーが聞くと、『とんでもない』と男が答えました。
『印刷屋は、アモス・クラップさ。彼らが火をつけたとき、どこかへ行っちまった。私は土地の所有者の、ロングフィールドだよ。』
『これは、いつ起きたことですか?』
『昨夜さ』
『溶鉱炉の事故ですか?』ロングフィールドは冷笑します。
『あんたはこの辺の人じゃないね。アモスを探しているのかね?』
『ジェームス・フレイザーです。こちらは、妻のクレア。』と言って、ジェイミーは手を伸ばして握手をします。
『で、誰がやったのですか?自由の息子たち?』
『あんたは、本当にこの辺りの出じゃないね。アモスは息子たちの側だ。仲間ではないけどね。たぶん。彼はなんとかうまくやっていたけどね、最近は物騒だ。裏切りのうわさ、男が道でほとんど死にかけるまで殴られる、タールを塗られたり、羽まみれにされたり、焼かれて・・・殺されたり・・・、であんたはアモスを知らないってね。では、あなたさまが彼に何の用事があるのだか、伺ってもよろしいでしょうか?』
『私は、ガゼットに書かれていたある記事について、質問があって来たのだ。クラップが行ってしまったと言われたが、どこに行けば会えるか、教えてくださりませんか?私は彼を傷つけるつもりはない。』
ロングフィールド氏は、私を考え深げに眺めた。暴力に訴えに来た男が、妻を同伴するのだろうかと考えているのだ。私は微笑み、できるだけ魅力的に見せようとしてみたところ、彼も微笑み返してきた。
『私は知らないが、』彼はそう言って、気持ちを固めたようにジェイミーを見た。『しかし、仕事上のパートナーがいるから、その一人くらいは、あなたが知りたいことを教えてくれるだろう。』
今度はジェイミーが、ロングフィールドの人柄を見極める番だ。ジェイミーは瞬時に気持ちを決め、拾ったパンフレットを私に渡した。
『そうでしょうね。昨年発行された、山あいの火事に関する、ちょっとした記事についてなのだ。誰がその記事を提供したのか、知りたくてね。』
ロングフィールドは顔をしかめて考えた。『私自身じゃないと思うな。ちょっと待って、ちょっとその辺を探して、パートナーの一人のジョージ・ハンフリーに聞いてみようか?』
『それは、ありがたい』とジェイミーは言い、私に眉で合図して、もう見せびらかしは終わりで、好きなことをしに行ってよいことを教えてくれた。私はロングフィールド氏にお別れを言い、ウィルミントン見物に出かけることにした。

クレアの独り言モードって、辛口で大好き、という方は、
ぜひクリックして続きをお読みください。



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま5

さて舞台はニューベルン、クレアがファーガスとマーサリの印刷屋で、抜歯をしています。
18世紀の抜歯ですから、麻酔も何もなく、血みどろのショーということになり、窓の向こうは黒山の人だかり。明るさが必要なクレアのために、マーサリの娘たちは少し離れた場所でヘンリ・クリスチャンを見世物にして、野次馬の意識をそらせ、ついでに小遣いをかせいでいます。そう、あの前作で小人として生まれ、ファーガスを絶望のあまり自殺しそうになた原因のヘンリ・クリスチャンです。彼自身は、見世物になることを楽しんですらいるのです!

そのときです。『パーシヴァル・ビューチャンプ』と名乗る男が、『ハントレス』という船を持っていて、今朝ジェイミーが船長に乗りたいと申し入れたから、と訪ねてきたのは。
さらにその男は、パリの売春宿で育ち、とても背が高く赤い髪のスコットランド人に連れていかれた41か42歳の『クローデル』という名の男を探しているというのです!
その『クローデル』は、まさしくファーガスにちがいありません!
いったいなぜ、ビューチャンプはファーガスを探しているのでしょう?
そして、この男はクレアの先祖なのでしょうか?

ますます謎が増えてきた!おもしろくなってきたぞ、と思ってくださる方は、
次をクリックして、先をどうぞ!


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま4

さてイアンの方ですが、ニューベルン(ファーガスとマーサリが印刷業を営んでいる町です)への旅の途中で2人のこどもの追いはぎを捕まえたので、その親族のもとへ送り届けようとしているところです。彼らは暴発しそうなマスケット銃で武装した9歳と11歳くらいの少年で、ハーマンとバーミンと名乗り、狼犬ロロの活躍で捕まえたところ孤児と判明し、イアンが後始末を引き受けたのです。

簡単なようにみえた仕事ですが、イアンは手こずっています。
まず親族は友好的ではなく、話も聞かずにいきなり銃で撃ってきます。
当時のアメリカの田舎では、珍しくもない応対ですが、バーミンは『ここでは暮らせない』と宣言します。
さらに、そこでいきなりアーチ・バグからの攻撃を受け、バグの『黄金はどこだ』という威しを子どもの追剥たちが聞いてしまいます。
(なぜイアンがバグに襲われるはめになるのかは、翻訳をお待ちください。私には明かせません。)
バグとのもみあいの中で、追いはぎたちが実は少女であることがわかります。
名前はハーマイオニとトゥルーディーです。
困ったイアンがどうしたかというと・・・


がんばれイアン、と応援してくださる方、
↓ クリックしてから、続きをお読みください!


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま3

ガバルドンのホームページに、本の装丁の説明があります。
それは、奇妙な4つの棘の形(ピラミッドのような形に四方に棘が突き出しているのです)ですが、これは鉄びし(手裏剣のようなもの)を意味しているのだそうです。
鉄びしには、4つの尖った先端があります。
それぞれが、『骨の中のこだま』の4つの物語の流れを意味しているのです。

 1 アメリカが勝つとは知っているが、勝つ側に立てば生き残れるというわけではない。またアメリカ側に立てば、イギリス軍に入っている息子ウィリアムと戦うはめになってしまう。そんなジェイミーが、どのような選択をしていくのか。

 2 イギリス軍に入っているウィリアム自身、兵士として戦いに身を投じる興奮と、情報局での活動の両方の魅力のはざまに揺れている。彼の義理の父親、ジョン・グレイも、どちらが彼のためになるのか決めかねている。

 3 ジェイミーは、ウィリアムと戦わないため、また印刷機をエジンバラに取りに行くため、そして姉との約束を守って、甥イアンをラリー・ブロッホに連れて帰るため、スコットランドに渡ろうとしている。しかしイアン自身には別の計画があり、別の運命が待ち受けている・・・

 4 1979年のラリー・ブロッホに飛んだロジャーとブリアナ。ジェイミーとクレアの手紙を読んで、過去のドラマを知るが、現在のハイランドにも、危険な秘密があることにも気付いた・・・

 私も4つの流れがあるとは思っていましたが、その1つはジョン・グレイのストーリーだと思っていたので、イアンのものとは驚きでした。さて、これからイアンに何が起こるのでしょうか?

 続きを知りたい方は、↓をクリックして、次にお進みください。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »