« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま12

ブリアナがロジャーの車の音を聞いたのは、もうほとんど夕暮れ時だった。
彼女は外へ駆け出し、まだロジャーが車から完全には出ないうちに、彼のの両腕の中に飛び込んだ。
彼の方も、質問をするような時間の無駄遣いはしなかった。
ブリアナを情熱的に抱き締め、もう言い争いは終わりだと、はっきりさせるようなキスをした。
お互いが詳しい点について誤りあうことなんて、後回しにできる。
この瞬間、ブリアナは何に対しても心を開き、彼の腕の中で無重力に感じ、彼のにおいを感じていた。ロジャーは、陽にあたっていないときでも、いつもかすかに太陽で暖められた肌の匂いがしていたが、それに加えて今はガソリンと埃と古い本でいっぱいの図書館のにおいがした。

「よく、女性は匂いでは夫を見分けられないというけれど、」と、ブリアナはしぶしぶ地上に足をつけながら述べた。「そんなの、嘘よ。私は地下鉄キング・クロス駅のど真ん中で、真っ暗闇だって、あなたがわかるわ。」
「僕は、今朝風呂に入ったんだけどね、臭うかい?」
「ええ、あなたは大学に泊まったのね。あそこで使っているあの嫌な強力洗浄石鹸の匂いがするわ。」とブリアナは鼻にしわを寄せて言った。「あれのせいで、肌が剥けないのが不思議よ。それに、あなたは朝食にブラック・プティング(ブラッド・ソーセージ)を食べたわ。つけ合わせは、焼きトマトよ。」
「その通りだ、お嬢さん。」ロジャーは微笑みながら言った。「それとも、名犬リンチンチンかい?今日は小さい子を助けたり、悪者のアジトを突き止めたりしたのかい?」
「そうね、そうとも言えるわ。」ブリアナは家の裏手の丘の上の方を見上げた。そこには円塔が黒く長い影を落としていた。「でも、もっと深入りするのは、お巡りさんが町から帰ってくるまで待った方がいいと思ったのよ。」

名犬リンチンチンについては、こちら→ リンチンチンについて
お巡りさんって、ここではオックスフォードに行っていたロジャーのことです。
やっと仲直りできて、よかったね。という方は、クリックしてまた戻ってきてください。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま12"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま11

『その生き物のふるさとは海である。しかし人間の味を楽しむために、ときどき陸に上がってくる。陸では、ノクレヴィーは馬に乗る。馬はノクレヴィーの本体とほとんど一体化して、見分けがつかないこともある。ノクレヴィーの頭は、人間の10倍もあり、口は豚の鼻づらのように飛び出していて、食道が大きく口を開けている。
ノクレヴィーには皮膚が無く、黄色い血管や筋肉、腱などがはっきり見え、全体は赤くねっとりした粘膜で覆われている。
ノクレヴィーの武器は、毒のある息と、巨大な力である。しかし、弱点はある。真水が嫌いなのだ。
ノクレヴィーが乗っている馬は、赤い目がひとつ、クジラのと同じ大きさの口、前足についた鰭のようなものなどがあるとされている。』


「おぉ、やだ!」
ブリアナは、本を閉じた。それは、ロジャーのスコットランドの民話に関する蔵書の1冊だった。
それから、ジェムをじっと見た。
「あなたは、これを見たの?あの円塔のそばで?」


家に帰ったブリアナが、ロジャーの本を調べて読みあげているのです。
私もノクレヴィーは知りませんでした。
スコットランドの人々は、ずいぶん気味の悪い生き物を想像していたものですね!
同感の方は、下をクリックしてから、戻ってきてくださいね。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま11"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま10

ブリアナ達の章です :)
前回では、ブリアナがロジャーに、1年間も働かないで!私が仕事に就くわ!
と宣言し、ショックを受けたロジャーがオックスフォードに出かけてしまったところでした。

(An Echo in the Bone 骨の中のこだま3)


ラリーブロッホ1980

早起きしたブリアナは、子どもたちがいないのに気付きます。
「ジェム?」「マンディ?」返事がありません。

2日前、同じようなことがあったとき、バスタブの中に目覚まし時計がバラバラになっていました。そして2人とも庭にいて、まったく罪のないフリをしていました。

「僕、やってないよ!それにマンディは小さすぎるし。」
「ちいしゃすじる。」マンディも、豊かなカールした黒髪を振り乱しながらうなずきます。
「そう。でもパパもやってないよね。」ブリ―も、まっすぐな眉を上げながら言います。「アニーだって違うし、疑う余地もないわよね。」
「うちゃがい、うちゃがい。」マンディは新しい用語に魅入られて、うれしそうに繰り返しました。
ジェムは「きっと、ピスキーだよ、ママ。」と言いました。
「ピシュキー、ピシュキー!」とマンディが、スカートを頭にかぶり、パンツを丸出しにしながら言います。「ピシュキーんとこ、行かなきゃ、ママ!」
急いでトイレに連れていくことになり、そのスキにジェムは消えていて、夕食まで現れませんでした。

その後は、いつもの大忙しの中で目覚まし時計のことは後回しにされて、寝るときにロジャーにそれが無いことを指摘されるまで、忘れられてしまっていました。

「ジェムは、いつもは嘘をつかないよね。」とロジャーが言いました。
ブリアナは、髪をとかしながら彼を陰険なまなざしで見ました。
「あ、そう。あなたもピクシーのせいだというのね。」
「ピスキーだよ。」ロジャーは、ボウルに入れた時計の部品を指でかき回しながら、うわの空で言いました。
「なんですって?ここの人々は、本当に『ピスキー』と呼んでいるの?私はジェムが、発音を間違えているのだと思っていたわ。」
「いや、『ピスキー』は、コーンウォール語だ。西部地方でも、コーンウォール以外では『ピクシー』と呼んでいる。」
「スコットランドでは、何て呼んでいるの?」
「ここには、ピクシーはいない。スコットランドは民話の宝庫だけどね。」ロジャーは、時計の部品を手のひらいっぱい掬いあげて、いい音をさせながらボウルの中に落としました。
「スコットランド人は、陰気なタイプの超自然的なものが好きなんだ。ウォーター・ホースとか、バンシーとか、ノクレヴィーとかね。ピクシーは、スコットランド人にとっては、ちょっとつまらなすぎるんだ。それに、僕たちにはブラウニーがいる。」
「ノクレヴィーって、何?」
「それは、オークニー諸島の民話なんだ。寝る前には聞かない方がいい。」
ロジャーはそう言ってかがみこみ、ブリアナの耳たぶの下に、そっと息を吹きかけました。

その後に起きたことを思い出して、ブリアナは微かなうずきを感じましたが、すぐに心配な気持ちが戻ってきました。
ジェムとマンディは、どこへ行ってしまったのかしら。
すぐにブリアナは、食べ物がいくらか無くなっているのに気付いてほっとします。
ピクニックに行ったのなら、そんなに遠くへ行ったはずはないわ。
マンディはまだ、半マイルくらいしか歩けない。

ブリアナは、野菜ガーデンの木戸を開け、ラリーブロッホの名前の由来である古代の円塔(ブロッホ)へと通じる丘を見渡しました。
その同じ丘の上の方には古い墓地があります。墓石に刻まれた名前や日付は風雨にさらされて判読不能となり、石そのものも藪に呑まれています。
すぐに、ほふく性のハリエニシダやエニシダの間に点在している墓石の間に、ジェムとマンディの小さな影を見つけます。
近づいてみると、ジェムはアリの観察をしていました。

ジェムは学校の本でアリに関する実験を見て、試していたのです。
けっこうおもしろいけれど、本筋からははずれるので、ここの所は翻訳の方を読んでね!
なかなか翻訳が出ないんだな!と待ち遠しい方は、
↓ をクリックしてからまた続きを読んでください。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま9

前回時間がなくて、章の途中でアップしてしまいました。
中途半端でごめんなさい。
今回はその続きです。

ウィリアムは、居酒屋の窓から中をのぞいてみた。
今や、ロジャーズ自身がヘイルというスパイや2人の農民と話をしていた。
ロジャーズは、何か冗談を言ったようだったが、相手の反応を見ると、相当きつい冗談だったようだ。それからロジャーズは何気ない風に後ろにもたれ、みんながうなずくような何かを言った。そして身を乗り出して、何かヘイルに訪ねた。

居酒屋の騒音と、外を吹きすさぶ風の音でよく聞こえなかったが、ロジャーズは自分が反逆者だと打ち明け、彼の手下たちが熱心にうなずきながら近づき、ヘイルを囲んで秘密の輪を作っていくのがわかった。ヘイルは会話に集中し、わくわくしながらのめりこんでいくようだった。ロジャーズはヘイルがアメリカ側の将校の一人なのだと言っていたが、本当に校長先生だったのかもしれない、とウィリアムは思った。ヘイルは、まったく軍人には見えない。
それに、ヘイルはスパイにも見えない。なにしろ目立つのだ。金髪でいい男だし、顔に目立つ傷があるし、背が高いし・・・

ウィリアムは、胃袋に冷たい塊を感じた。やれやれ、これがロジャーズの仄めかしていたことなのか?彼はリチャードソン大尉に関わる仕事について、今夜自分の目で確かめろと言っていた。

ウィリアム自身も、自分の背の高さと、それに対して人々がみせる無意識の反応には慣れていた。見上げられることが、むしろ好きだった。
しかしリチャードソン大尉にもらった最初の仕事をするにあたって、背の高さは目立つことだし、簡単に彼を表現できてしまうという点を全然考えていなかった。
『でけぇ怪物』とは、ほめ言葉ではない。でもその言葉なら、誤解が起こり得ない。

不審な気持ちを抱きながら、ウィリアムはヘイルが自分の実名を明かしたばかりでなく、彼が反乱軍に傾倒している事実すらあからさまにし、さらにイギリス軍の強さを観察しているということまで打ち明けているのを聞いていた。さらにヘイルは熱心に、近所でイギリス軍の兵士を見かけたか訪ねていた。

ウィリアムはその無防備な態度にショックを受けた。ロジャーズはあたりを見回してこっそりヘイルに寄り、腕をたたいてささやいた。
「だめですよ、だんな、本当に危険ですよ。誰にでも聞こえちまう!」
「プッ」とヘイルは笑った。「ここのみんなは、友達さ。ワシントンと国王を間違えるほど飲んじゃいないさね?」酔ってはいたが熱心に、ヘイルは居酒屋の主人を呼んで、もっとビールを持ってくるように言った。「もう一杯飲みなよ、そして何を見たか、話してくれよ。」

ウィリアムは思わず、「いいかげん黙れ!このおしゃべり野郎!」と窓から叫びたい衝動にかられた。もちろん、もう遅すぎる。ウィリアムはまだ、食べかけの鳥の足の骨を持っていたので、投げ捨てた。血がたぎっていたが、胃はねじれるようで、のどの奥に吐き気を感じた。

ヘイルは、さらにどんどん決定的な告白を続けていった。ロジャーズの手下たちが、感心したり、愛国者的な叫びをあげて、雰囲気を盛り上げた。みんな、自分の役割を感心するほどうまくこなしている、とウィリアムは認めざるを得なかった。
ヘイルはそれに対して、さらに大声で反応し、彼の頬はビールと情報を手に入れているという興奮とで真っ赤だった。

ウィリアムの方は、足、つま先、手、顔が麻痺し、緊張で肩が痛んでいた。
突然ポリポリ齧る音が近くでして、ウィリアムは居酒屋の中の情景から注意をうつし、足元を見降ろした。
そのとき気付いた突き刺すような臭気が、それの正体をほのめかしていた。

「なんてこった!」

ウィリアムは叫び、後ろに飛び下がった。
あやうく肘が、窓を突き破りそうになった。
居酒屋の壁に、背中からどしんとぶつかった。

邪魔をされて尻尾を持ちあげていたのは、捨てられていた鳥の骨を楽しく齧っていたスカンクだった。
白い縞模様のおかげで、その動きは、はっきりと見えた。
ウィリアムは固まった。

スパイをスパイするウィリアム。
長かったこの章も今回で終わりです。
子どものときにクレア達の小屋を訪ねた時、ウィリアムはヘビにびっくりして肥えつぼに落ちました。
どうしてウィリアムは、いつも臭い事件に巻き込まれるのでしょうね?
励ましの一票をお願いします!コメントもいただけると、うれしいです。


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま9"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま8

ウィリアムは、待ち望んでいた諜報活動に偶然参加することになります。
いったいどうなるでしょうか?

1か月ぶりだったね。もっとがんばって頻繁に更新してよ。
という方は、次をクリックして励ましてくださいな。

にほんブログ村に入りますが、
ブラウザの『戻る』矢印を押して、続きをお読みください!



にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

 ウィリアムはロジャーズの手下の誰よりも、6インチ(15センチメートル)背が高いことがわかった。だから変装用の服が体に合わず、ズボンのボタンはかけられず、それを隠すためにシャツの裾は出しっぱなし、靴下をはくとズボンの裾との間に隙間ができてしまうので、足も素足ということになった。
 
 ロジャーズとウィリアムは、4人の男たちとともにフラッシングの町で船を降りた。
ロジャーズの基地が、そこにあるのだ。
彼はそこに立ち寄って、ヘイルはまだフラッシングに現れていないので、ここから2、3マイルのエルムスフォードという村にある居酒屋兼宿屋の2つのうちのどちらかにいるらしいという情報を手に入れてきた。

 そこへ向かう途中、一行は小さいグループに分かれて歩いたので、ウィリアムはロジャーズと2人きりになった。ウィリアムはもちろん、ひげを剃っていなかったし、帽子のふちに乾燥したトビウオを突き刺しているつれに見合う恰好をしていると思って満足していた。
 『俺たち、カキ採りとか、廃品回収者のふりをするのか?』とうウィリアムの質問に、ロジャーズは驚いたようにうなり、首を横に振った。
『君は、どっちにも見えない。しゃべっているところを聞かれたらおしまいだ。だめだ。口は閉じて、代わりに何かくわえていろ。質問は、俺と仲間たちでやる。君がやるのは、うなずくことだけだ。もしヘイルを見かけたらな。』

 寒風に対して頭を下げて歩き続け、ロジャーズはほとんど話をしなかった。
しばらくして、彼は何気なく言った。『俺は、リチャードソン大尉をニューヨークから船に乗せてきて、また連れて帰った。』
 ウィリアムは、一瞬何も知らないふりをして『リチャードソン大尉?』と答えようかと思ったが、それは通用しないことに危ういところで気がついた。(リチャードソンがニューヨークからこの僻地にやってきた理由は、ロング・アイランドの僻地に島流しの目にあっているウィリアムとコンタクトをとるためにちがいないことくらい、ロジャーズにはわかったいるだろうからだと思う。)そのかわり『そうかい?』とだけ言って、後は沈黙を守った。そんなウィリアムを、ロジャーズは気に入ったようだった。
『リチャードソンは抜け目のない男だ。俺は彼が何をしていて、どこに行ったか知っている。君は何歳だ?』『19』とウィリアムはとげとげしく答えた。『なぜだ?』
『何かに自分の命をかけるには、十分な年齢だ。しかし、リチャードソンにイエスと答える前に、2度は考えるんだぞ。』『もし、リチャードソンが何か言ってきたとすれば、そうするよ。でも、なぜそう言うんだ?』ロジャーズは、ウィリアムの背中押して、前に促しながら言った。『今からそれがわかるよ。さあ、行こう。』

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま8"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »