« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月19日 (土)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま24 深海から

25章 深海の深みから

1777年5月15日

親愛なる君たちへ

 私は船が嫌いだ。
骨の隅々から、船を憎んでいる。
それなのに、私はまた、海のとんでもない深みの上を漂っているのだ。
乗っているのは、『トランキル・テール(透き通ったしっぽ)』という船で、そのばかげた名前からも、船長の深刻な気まぐれぶりが覗えるというものである。
この紳士は、混血の密輸人で、邪悪な表情、程度の低いユーモアの持ち主であり、私に真面目な顔で、自分の名前が『トラストワーシィ・ロバーツ(信用するに足るロバーツ)』だと名乗ったのだ。


 ジェイミーは、羽ペンをインクに浸すために書く手を休め、遠ざかっていくノースカロライナの岸壁に目をやった。
しかしそれが不規則に持ち上がったり、下がったりしているのを見て、急いで視線を紙面に戻した。その紙面は、頭上の帆を膨らませている風に飛ばされないように、簡易テーブルにびょうで止めたものである。
 『私たちは、みんな健康である。』と彼はゆっくり書いた。
船酔いのことは、脇に置いておいた。それについて書こうとは、思っていない。
ファーガスのことは、伝えるべきだろうか?
ジェイミーは、悩んだ。

 「気分はどう?」
ジェイミーは、クレアを見上げた。
クレアはかがんで、あの注意深い好奇心を秘めたまなざしでジェイミーを見つめていた。
そのまなざしは、彼女がいつも、吐きそうだったり、血をまき散らしていたり、死にそうだったりする人々のためのとっておきのものだった。
ジェイミーはすでに、最初の2つはやらかしていた。
というのは、クレアがうっかり彼に針の治療を施す時に、頭皮の小さい血管にそのうちの1本を刺してしまったからだ。
でもジェイミーは、クレアが彼の死の兆候に気づかないといいな、と思った。

 「そうだね、まあまあだ。」
ジェイミーは、自分の胃袋のことを、考えることさえ避けたかった。
気にすることで、胃袋が調子に乗ることを恐れたからだ。
それ以上議論しないように、話題を変えた。
「ブリアナとロジャー・マックに、ファーガスのことを伝えるべきだろうか?」
「インクはどのくらい残っているの?」とクレアははすに構えて微笑み、尋ねた。「もちろん、伝えるべきだわ。絶対興味があるはずよ。それに、あなたの気晴らしにもなるわ。」
クレアはそう付け加え、ジェイミーをちらりと横目で見た。
「あなた、まだ顔色が蒼いわ。」
「そうなんだ。どうもありがとう。」

彼女は、よい船乗りの持つ明るい屈託の無さを生かして笑い、ジェイミーの頭のてっぺんにキスをした。もちろん彼の額から突き出している4本の針は避けた。
それから船べりのそばに立ち、波にゆられる陸地が視界から遠ざかっていくのを眺めていた。

 ジェイミーは、この失望しそうな展望から目を逸らし、彼女の手紙に戻った。

 ファーガスとその家族もまた、とても元気だ。
だが、おかしなことがあったのは、書いておかねばならない。
パーシヴァル・ビューチャンプと名乗る男が・・・


 ビューチャンプと、彼がこちらに対して異常な興味を持っていることを書くのに、そのページのほとんどを使ってしまった。
ジェイミーはクレアを見上げ、ビューチャンプが彼女の家族とつながるかもしれないという可能性について、書くべきかどうか悩んだが、そうしないことに決めた。
(ブリアナ)なら、絶対母親の旧姓を知っているはずだし、すぐに気づくだろう。
苗字が同じという以上の情報はないのだし、手の痛みが激しくなってきた。

 クレアはまだ手すりの所にいた。片手を手すりに置いてバランスをとり、顔は何かを夢見ていた。
彼女はその豊かな髪の毛を後頭部でリボンを使って結んでいたが、風がそれを広げていた。
髪の毛とスカート、それにショールが後ろになびき、服の布地がいまだに完璧な胸の形を刻んでいるのを見ると、まるで船首の彫刻のようだった。
優美で荒々しく、深みに潜む危険から守ろうとする精神に満ちていた。

 ジェイミーは、そう考えると少し安心できることがわかり、自分に任された難しい内容にもかかわらず、前よりはよい気持ちで作文に戻ることができた。


さて、ジェイミーとクレアは、船の上で何をしているのでしょうか?
そう、イギリスへ渡り、スコットランドのエジンバラへ印刷機を取りにいこうとしているのですよ。
イギリスへは行けるのでしょうか?
それにしても、船の上で手紙を書くことができるなんて、ジェイミーに対する針の治療はずいぶん効くのですね。
よかったね、ジェイミー、どうせ間もなく又事件に巻き込まれるのだろうけれど!
のクリックをお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま24 深海から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »