« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月

2011年3月10日 (木)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま26 湾の牡鹿

ロジャーはスタウト・ビールの空き瓶の口を、注意深く吹いて、ボーという音をたてた。
もう少しだ。
少し深く息を吹き込もう。
もちろん、あの唸り声にあった、ひもじそうな音色には欠けている。
でも音程は…
彼は起き上がり、冷蔵庫の中をあさり、チーズと何が入っているのかわからないマーガリンの容器(中身がマーガリンではない方に賭けてもよい)の後ろを探った。

シャンペン・ボトルの中は、1インチ程しか残っていなかった。それは、1週間前にブリアナの就職を祝ったディナーの残りなのだ。
誰かが瓶の口をつましくアルミホイルで覆っていたが、もちろんシャンペンは気が抜けていた。
ロジャーは中身を流しに捨てに行ったが、生涯にわたるスコットランド人としての倹約精神はそう簡単に無視できなかった。少しの躊躇もなく、彼は残りのシャンペンを飲み干した。
瓶を下しながら、アニー・マクドナルドがアマンダと手をつなぎ、彼をじっと見ているのに気付いた。

『少なくとも、それをコンフレークスにかけようとしているわけじゃないわよね。』と彼女はロジャーの脇をすり抜けながら言った。
『さあ、ペットちゃん』と言って、マンディを子供用の椅子に座らせ、雇い主のモラルの低さに頭を振りながら、部屋を出て行った。

『パパ、ちょうだい!』マンディは、輝くラベルに惹かれて、シャンペンの瓶に手を伸ばした。
親として一瞬ためらったロジャーの頭の中に最後が破壊行動で終わるいくつかのシナリオがよぎり、マンディには代わりにコップ1杯のミルクを渡し、シャンペンの瓶の細く伸びた口を自分で吹いて、深みのある音楽的な音を響かせた。

『パパ、もう一回!』マンディは惹きつけられた。
ロジャーは少し自己満足に浸ってもう一度音を出し、マンディは笑い転げた。
彼は、黒ビールの瓶を取り上げて吹き、それらを取り替えながら、『メリーさんの羊』のリズムで2つの音による変奏曲を演奏した。


お久しぶりです。
これからしばらく、ロジャーとブリアナたちの時代に変わります。
そういえばロジャーは音楽家でしたね。
この瓶の音で、何を表そうとしているのでしょうか。
おたのしみに。そして、クリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま26 湾の牡鹿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま25 深海から2

『ジーザス・H・ルーズベルト クライスト!』とジェイミーの個人的な船首像がそう言いながら、とても心配し気をもんだ表情をして、突然傍らに現れた。
『あなたの手が!』
『あい?』とジェイミーは、心地悪さに不機嫌になって、その手を見下ろした。
『何がいけないのだ?指はみんな附いている。』
『その手について、まともなのはそれだけよね。まるで、ゴルディオスの結び目のように見えるわ!』
クレアはジェイミーの脇に跪き、両手に彼の左手を包み込み、力強くマッサージを施した。
それは明らかに効果的だったが、同時にとても痛烈だったので、ジェイミーの目に涙が滲んだ。彼は両目を閉じて、喰いしばった歯の間から、ゆっくりと呼吸をした。

クレアはジェイミーを、一度にたくさん書きすぎたと言って、なじった。
いったい何をそんなに急いで書いていたの?

『私たちがコネティカットに着くには、何日もかかるのよ。それに、スコットランドまでは何か月もよ。行くまでの間に1日1行書いても、まだ『詩編』を全部引用できる時間があるのに。』
『俺は、書きたかったんだ。』と、ジェイミーは言った。

クレアは、何やら見下したことをぶつぶつと呟いた。その中に『スコット』と『ブタ頭』という言葉が聞こえたが、ジェイミーは気づかないふりをすることにした。

そう、ジェイミーは書きたかったのだ。書くことで、彼の考えが白黒はっきりと整理され、紙に書くということで、安心することができたのだ。
さもなければ心配事は、まるで泥の中のマングローブの根っこのように、頭の中に詰まってしまうのだった。

それに、そのこと以上に…屈んでいる妻の頭のてっぺんを注視しながら、ジェイミーは考えた。逃げ場が欲しかったのではない。…ノース・カロライナの海岸が遠くに去っていくのを見ると、娘とロジャー・マックから離れていくように感じ、彼らに手紙を書くことで得られる、繋がっているという感じが欲しかったのだ。

 『もう一度、会えると思う?』とファーガスは、別れる直前に聞いたのだ。『フランスに行くんでしょう?』
ファーガスとマーサリ、それにリッジの人々が知る限りでは、ブリアナとロジャーは戦争を避けるためにフランスに行ったということになっていた。
『いや。』とジェイミーは言ったが、心が寒々としているのが声に現れていなければ、と願っていた。『二度と会えないと思う。』

ファーガスの力強い右手が、ジェイミーの腕をぐっと掴み、それから力が緩んだ。
『人生は長い。』と彼は静かに言った。
『あい。』とジェイミーは答えたが、(誰の人生も、それほど長くはない。)と心の中で考えていた。

ジェイミーの手は、少し良くなってきた。クレアはまだマッサージを続けていたが、その動きはもはやそれ程痛くはなかった。
『私も、会いたいわ。』とクレアは静かに言って、ジェイミーの拳にキスをした。『手紙をちょうだい。私が書き終えるわ。』


さすが、ヒーラー、クレアさん。
家族が離れ離れって、悲しいね。
いつか会えるように、のクリックをお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

続きを読む "An Echo in the Bone 骨の中のこだま25 深海から2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »