« An Echo in the Bone 骨の中のこだま29 湾の牡鹿4 | トップページ

2011年6月27日 (月)

An Echo in the Bone 骨の中のこだま30 トンネルの中の虎

あらぁ、今週の週末更新を逸してしまったわ。
ごめんなさいね。
進歩といえば、職場のホタルを捕獲して(それも雄と雌のゲンジボタルよ)、繁殖計画の第一歩を踏み出したことだわね。
乞う、ご期待!


ブリアナが最初に災難に気付いたのは、軌道に差し込んだ一条の光が小さくなり、巨大なドアが閉まって、背後でトンネルの中の空気を振動させるような大きい『バァーン!』という音がして、暗闇になってしまったときである。

ブリアナは、もしジェムが言ったなら即、その口を洗ってしまっただろうような言葉を使って罵った。
それは心からの怒りで口にしたが、息をひそめて言った。
というのは、ドアが閉まったとたんに何が起きたのか気付いたからだ。

何も見えなかった。
ただ、網膜が突然の暗闇に反応して見える、ぐるぐる回る色彩だけが見えた。
しかしブリアナはトンネルの中に3メートルしか入っておらず、ボルトが差し込まれる音が聞こえた。ボルトは鋼鉄のドアの外側の大きなハンドルで動かされ、骨が噛み砕かれるようなガリガリとこすれる音をたてた。

ブリアナは振り返り、注意深く5歩数え、手を前に伸ばした。
そうよ、ドアがあるわ。大きくて、固くて、鋼鉄製。そして今はしっかりロックされている。
外で笑っているのが聞こえた。

くすくすとね!とブリアナは怒りに彩られた侮蔑を込めて思った。まるで小さい男の子!
小さい男の子だわ、実際のところ。
ブリアナは、怒りとパニックを振り払うために、何度か深く息をした。
暗闇によるめまいが消えた今、彼女には細い光の線が見えた。
それは15フィート(4.5メートル)のドアを縦に分断していた。
一人の男の高さの影がそれを遮っていたが、ささやき声とくすくす笑いが聞こえ、ぐいっと下がった。
誰かが覗こうとしたんだわ。馬鹿なやつ。
この中の何かを見ようとするなんて、幸運を祈るわ。
髪の毛の太さの光を除いたら、ロッホ・エロクティの下にある水力発電所のトンネルは、地獄の穴のように真っ暗だった。

少なくとも、方向を定めるために、あの髪の毛の光は使える。
それでも、慎重に呼吸をしながら、ブリアナは注意深く足を踏み出して、左の方へ進んでいった。
彼女は、けつまづいたり、音を立てて転んで、外側にいるヒヒたちを必要以上に喜ばせる気はなかった。
そちらの壁には金属製の箱があって、トンネルの光源をコントロールしているスイッチがあるはずだ。

がんばれ、ブリアナ(そして趣味の本屋)、という応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

あれ?ブリアナはいつ水力発電所の調査官としての面接に行ったんだっけ?という方は、こちらをごらんください。あまり詳しくは書かなかったのですが・・・

An Echo in the Bone 骨の中のこだま3

ブリアナは箱を見つけ、それがロックされていることで少しの間パニックになったが、鍵を持っていたのを思い出した。
ミスター・キャンプベルがくれた錆びた鍵の大きな鍵束だ。
それぞれに、何に使うのか書いた擦り切れた紙がついている。
もちろん、彼女にはそのくそったれな紙が読めない。
そして、あのいまいましいアンディ・デイヴィスにいたっては、軌道の下の油漏れをチェックするふりをして、本来彼女のベルトについているべき懐中電灯を、さりげなく借りていったのだ。

きみたち、とても上手に計画したわね、とブリアナは手探りをし、目に見えない小さな穴に入れようと先端を引っ掻いて鍵を一つひとつ試しながら、そう、むっつり考えた。
明らかに3人ともグルだわ。アンディとクレイグマッカーティ、それからロブ・キャメロン。

ブリアナは几帳面にすべての鍵を試し、望ましい結果は得られなかったので、2度と使わなかった。
鍵のことも、彼らは考えたはずだと、わかっていた。
クレイグは、基盤の道具箱を開けるために、一度鍵を借りた。
そしてそれを、大げさに丁重にお辞儀をして返したのだった。

そう、彼らは彼女をじっと見つめていたのだった・・・ごく当たり前のように。
彼女が新しく就任した施設の安全調査官として紹介されたときに。
でも彼らはすでに知っていたはずだ、とブリアナは思った。
あの衝撃的な事実、ブリアナが女性であるということは。
ボブ・キャメロンは、ハンサムな若い男で、明らかに自分を特別と思っている輩だったが、たっぷりとブリアナを上から下まで品定めをしたものだった。にこやかにほほ笑みながら、握手の手を差し伸べる前に。
ブリアナは、その手を取る前に、同じように上から下までゆっくりとねめつけてやった。で、ほかの2人はそれを見て笑ったものだった。
仕方なくボブも笑った。彼の名誉のために付け加えれば。

ブリアナは、ロッホ・エロクティへ来るまでのドライブでは、彼らから何の敵意も感じなかった。
もし敵意があるならば、ブリアナも感じていたはずだ。
これは嫌がらせではなく、単なるばかげた冗談に違いない。
たぶん・・・

|

« An Echo in the Bone 骨の中のこだま29 湾の牡鹿4 | トップページ

原書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551582/51919673

この記事へのトラックバック一覧です: An Echo in the Bone 骨の中のこだま30 トンネルの中の虎:

« An Echo in the Bone 骨の中のこだま29 湾の牡鹿4 | トップページ