エッセイ

2010年2月28日 (日)

ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 上・下

/ジム・ワイト/

獣医のヘリオット先生は、サースクに実在の獣医アルフレッド・ワイト(以下アルフ)が1970年代に50歳を過ぎてから書き、ベストセラーになった一連の本の主人公だ。
ヘリオット先生奮戦記 上・下

ヘリオット先生・シリーズは、ダロビーの村を舞台に、診療を頼みに来るさまざまな依頼人や動物たち、診療所の風変わりなパートナー、妻や子どもたちとの交流を短い章で描いたものである。
素晴らしい自然と、人々や動物たちの思いやりと愛情がユーモアがこめて描かれていて、楽しい読み物だ。

本の中では、モデルになった人の性別や名前を変え、村の名前もダロビーにしてあるが、アルフレッド・ワイトとその診療所はすぐにマスコミの知るところとなり、ファンが押しかけた。
アルフは、ベストセラー作家になってもそのライフ・スタイルを変えず、(めちゃくちゃ税率が高い当時のイギリスに住んでいたにもかかわらず)住所も変えず、65歳になるまで診療に携わっていた。

本書は、その息子で獣医の著者が書いた最初で最後の本で、『もし伝記を書くならば、それはおまえに書いて欲しい。おまえならきっと真実を書いてくれるだろうから。』と生前の父親に頼まれために書いた、とある。
そのため、この本の原題は『真実のジェイムズ・ヘリオット(The Real James Heriot: A Memorir of my Father)』である。

アルフの伝記は他にもあるが、たとえばジャーナリストのグレアム・ロードは『ジェイムズ・ヘリオット――田舎獣医の生活』(1997)を出している。
ジム・ワイトはその著書の下巻290ページで、グレアム・ロードの本について触れている。
それは、アルフが有名になってから、若い頃苦労をともにし、互いに助け合ってきた旧友、エディと不仲になってしまった原因についてだ。
ジム・ワイト自身、駆け出しの頃エディの診療所で働き、両者の関係を熟知している仲だ。
グレアムの本に書かれているエディの主張に対し、アルフの立場からの見方が描かれている。
何を根拠に論じるかで、これほど描かれ方が変わってしまうという、伝記の怖さが明確になる一例だ。

しかし、この本が書かれたのは、アルフの立場を擁護するためではない。
アルフをより正確に知ってもらうために、親族ならではの豊富な資料を駆使し、アルフのパートナーとして長年やってきた経験を生かした著者にしか描けない紹介なのだ。
多数の写真や手紙からの引用、そして発表されなかったいくつかの作品の紹介など、ヘリオット・ファンが楽しみながら、アルフという人柄とその人生をより深く知ることができる手掛かりとして、価値があるのだ。

人生に対し真面目に取り組んだ、ひとりの獣医のいきざまがそこに描かれている。
ヘリオット先生の物語は、温かみとユーモアがあって楽しい。
それを紡ぎだした男の人生も同じだけ温かみとユーモアがつまっているうえに、現実の話として説得力がある。

続きを読む "ドクター・ヘリオットの素晴らしい人生 上・下"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

銀座ミツバチ物語

美味しい景観づくりのススメ   /田中 敦夫/

久しぶりに、応援したくなる環境プロジェクトを知った。
この本は、サイエンスというほど客観的ではないので『エッセイ』のジャンルに入れてみたが、単なる個人の体験・感想の域を越えている。
周囲の人を巻き込み、自分を信じて元気にプロジェクトの実践を続けていて社会的な影響が大きく、ニュースにもなり、ハチミツは驚くほど採れ、プロジェクトはさらに拡大していく様相を示している。
環境運動というと地道であるし、何のための運動なのかの軸がずれて形骸化したものも多い中、確実に成果をあげている点が注目すべきである。
また関わりのあった人々の発想を試行錯誤しながら実現し、知識と経験を吸収し積み重ねながらさらに多くの人を巻き込んでいく運動の発展に、熱いものを感じる。

著者は株式会社紙パルプ会館の常務取締役で、銀座でミツバチを飼おうとしていた養蜂家、藤原誠太さんの話を聞いて、屋上を貸すことに決めたことからすべては始まったそうだ。

銀座のような人通りの多い所で、針を持ち危険性のある動物を飼えるのか?
銀座にミツバチの餌など、存在するのか?
しろうとが、ビルの屋上などで養蜂などできるのか?

続きを読む "銀座ミツバチ物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

南仏プロヴァンスの木陰から

/ピーター・メイル/

著者のプロヴァンスものの2冊目です。
訳者は前著『南仏プロヴァンスの12か月』と異なりますが、同じ雰囲気で親しげに語りかけてくれます。
(今度原書で読んでみようかしら)

プロヴァンスに住んで3年目。
フランス語(というよりプロヴァンス語)も上達し、プロヴァンス人と上手に会話するコツを教えてくれます。

今回は季節にかかわらず、さまざまなエピソードをいろいろな場面から語ってくれます。
原題は『いつもプロヴァンス(Toujours Provence)』。
イギリス版とアメリカ版では、章の順番もちがうらしい。
でもどこから読んでも、プロヴァンスを満喫できます。

続きを読む "南仏プロヴァンスの木陰から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火)

貧乏サヴァラン

/森 茉莉:著/早川暢子:編

森林太郎(鴎外)の長女で耽美小説家および辛口エッセイストの森茉莉のエッセイ(森茉莉全集(全8巻)収録1993~1994)から、編者が食に関するものを抜き出した本である。

森茉莉は少女の頃に鴎外に溺愛され、その結果身に付いた妙な自己愛と生活能力の欠乏が祟ってか、2度の離婚を経て、世田谷のアパートで貧乏な一人暮らしをしていた。

生活は貧しくても心は貴族という心意気で、食事にだけは気を配り、トーストにバターを塗り、ジャムをつけ、おいしい紅茶を入れて楽しんだ。

少女の頃鴎外家で楽しんでいた果物やお菓子の話、若い頃フランスで暮らしていた時に覚えたおいしいメニューの思い出や、気に入った菓子を手に入れるためにどんな苦労をするかといった身近な話など、食いしん坊の茉莉ならではの話が次々登場する。

続きを読む "貧乏サヴァラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

プロヴァンスの小さな家

― サンセット・ハウス物語 ― /レディ・フォーテスキュー/

最愛の夫を亡くして2年後、いつまでも悲しみに浸ってばかりではいけない。
夫もそれは望んでいなかったはず。
でも夫と作り上げた今の家は、あまりに思い出が多すぎて辛くなる。
著者の『プロヴァンスの青い空と海』に続く、2冊目の本です。

ある日散歩に出かけた著者は、小さな石造りの農家に一目ぼれをする。
人が住んでいるにもかかわらず、『これこそ私の家』と直感する。

新しく友達となったアメリカ人の友人『マドモアゼル』に手伝ってもらって、値を吊り上げようとする持ち主と交渉し、年代を活かした好みのデザインに改装し、引越しの手続きを進める。
自分も村の住人であることを意識して、今回はなるべく村の職人を雇い、ぼろぼろだった農家を少しずつ住みよく変えていく。
前の持ち主に捨てられていたちっちゃな鍋に花を植えたり、鉄製の玉じゃくしをランプの代わりにしたり、知恵と想像力を駆使し、不用品を上手に使って、家の装飾を楽しんだ。

続きを読む "プロヴァンスの小さな家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

ウインザー城の恋人たち

/レディ・フォーテスキュー/

年齢差や育ってきた環境の違いを上手に乗り越えて、お互いを尊重しあい、支えあってきた夫婦のものがたりです。
『愛とは時間をかけてはぐくむもの』と帯に書いてあります。
二人の温かい愛情が周囲の人も包み込み、どんな環境にも溶け込んで、豊かに広がっていくのです。
読者もその愛情に包まれる一人になるのです。
ロマンチックなだけでなく、夫婦の意志の強さ、前向きな気持ちがよく描かれていて、読んで励みになる本です。
残念ながら絶版なので、少し詳しく紹介します。

続きを読む "ウインザー城の恋人たち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

プロヴァンスの青い空と海

/レディ・フォーテスキュー/

著者は古風なイギリスの女性の一人であり特別な教育は受けなかったのに、そのあふれる才能と明るい前向きな性格で、どんな境遇にあっても上手に工夫し、社会人として活躍してきた人です。

この本は1935年に書かれ、当時としては飛ぶように売れ、最初(第二次世界大戦前)のプロヴァンス・ブームを作ったといわれています。
老後の住処として、税金と生活費の高いイギリスを離れ、プロヴァンスの山小屋を改装して住むことにした夫婦と、地元の人たちとの交流を、楽しく生きいきと描いた作品です。

イギリス人とプロヴァンスの田舎の人たちとの気質の違い、田舎の結婚式や祭り、収穫のようす、職人や役所、庭師やお手伝いの人たち、そして自然の美しさなどが詳しく、ユーモアのある描写で書き込まれ、あたかも自分の隣人のように親しみが持てます。

著者が自然を、そして人間をこよなく愛しているからこそのエッセイだといえます。
読んだ人は誰でも、彼女の豊かな愛情を感じ、暖かい気持ちになるのです。

病気の妻を置いて仕事に来ている石工に『淋しがっている奥さんにね、』と言って庭の花をコサージュにして渡したり、自宅のティー・パーティーに村中の子どもたちを招待したり、うまく利用されているとわかっていながら村の若者の結婚式のために自家用車を出して運転手を務めてあげる。
こういったエピソードが、たくさん散りばめられているのです。

続きを読む "プロヴァンスの青い空と海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

最後の授業

    /ランディ・パウシュ/


これは、小説ではない。

2008
年8月に癌で亡くなった、アメリカの大学教授の行った本当の意味での『最後の』授業の記録(DVD)と、それについてのエッセイである。

アメリカでは、退任時に『最後の授業』をするのが慣例となっている。

著者は自分が癌でもう治る見込みが少ないと知ったとき、まだ小さい3人の子どもたちに自分が残せる記録として『最後の授業』を引き受けたのだ。

その内容はとても前向きである。

自分がいかに科学を好きで、その道を志してきたのか。

両親がどんなふうに、自分の興味の芽を伸ばしてくれたのか。

チャンスをどのように活かし、掴み取ってきたのか。

教えることの、何がおもしろくて、どんな工夫をしてきたのか。

子どもたちが、もっと大きくなってから伝えたかったことを、明るく熱心な授業にまとめ、スライドを駆使して聴衆にも伝えようとしている。

この素晴らしいメッセージを、あなたにも共有して戴きたくて、ここに書きました。

ぜひ、DVD版を購入してください。

 
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
 にほんブログ村 

ランキングに参加しました。
クリックしてください。
励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)