ルポ・旅行記

2010年2月 5日 (金)

垂直の記憶

/山野井 泰史/  『岩と雪の7章』

クライマー山野井泰史自身が書いた、ヒマラヤの高峰にアルパイン・スタイルで登山することにこだわり、12年間に18回挑戦し続けた、その体験記である。

そしてこれは、凍傷で5本の手の指と右足全部の指を失い、トップレベルのクライマーとしての能力をなくしてから書いた本である。
事件は2002年に起きた。
彼がギャチュン・カン北壁に妻とともに挑戦し、九死に一生を得ることはできたが、代償として10本の指を失ったのだ。
その経緯は、沢木耕太郎のルポ『』に詳しい。

『はじめに』に、こう書いてある。
『今、僕は悪戦苦闘している。まるで小さな子どもが、初めて山や岩登りを知ったときのようだ。歩くスピードも遅く、岩を握る力もない。小学五年生のときから山に登り始めたが、あの当時よりも悲しいくらい登れない。』

それでも著者は山に、崖に、挑戦を続ける。
その不屈の精神、好きなものにとり憑かれた頑迷なところは、今の日本人にめったに見られない生き方であり、読者は新鮮な感動を覚える。

続きを読む "垂直の記憶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

/沢木耕太郎/

アルパイン・スタイルという、ソロを含め少人数でパーティを組み、できるだけ少ない装備で短い時間で素早く登って降りてくる方法で、到達できる高さよりも美しいラインを描いて登ることを目的とするクライマー、山野井夫妻の物語である。
2008年の作品。
今から約一年前、店頭で手に取った『深夜特急』に夢中になり、次々と沢木の著書を読み漁った。
その多くが『酒』『スポーツ』『旅』に関するものであった中、『登山』をテーマとしているこの本は、ひと際異彩を放っていた。

『小説』のジャンルに入れようかとも思ったが、本人へのインタビューも含め丹念に資料をあたり、事実を積み上げてストーリーに仕立てていった手法を取っているので、『ルポ・旅行記』のジャンルにした。
ちなみに講談社ノンフィクション賞を受賞している。

山の美しさや厳しさといった魅力もよく描かれているが、特にこの本で素晴らしいのは、山野井夫妻の人間としての魅力である。

続きを読む "凍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

南仏プロヴァンスの12か月

/ピーター・メイル/

フォーテスキュー夫人の本を紹介していたら、この本をまた読みたくなってしまった。
ネットで探すと、この前の『ローラ あざらしと少女』やプロヴァンスの青い空と海のフォーテスキュー夫人、そして今回のこの本のように、鄙びた環境で暮らす物語のことを『逃避小説』とよぶ人もいるらしい。
厳しい環境ではとても逃避どころではないと、実際の経験に基づいて私は言いたいのだけれど、都会の喧騒から逃避していることは確かだ。
でもその代わり、彼らは自然と対峙しているのだ。
いずれにしても私は人間が苦手なので、事情が許せば自然と対峙するほうが好みであり、どうしても『逃避小説』にあこがれてしまう。
今も『プロヴァンス』に暮らしたくてたまらない。
でも、これが『逃避小説』なのだろうか?

プロヴァンスに居を構えたイギリス人である著者は、人間から逃げてなどいない。
どっぷり地元の職人や売り子たちと交流し、母国からの客ももてなし、土着の者として生きてゆこうとしている。
ネタを得ていると言えばそれまでだけれど、土地の自然と文化を愛し、理解しようと努め、自分なりに(そして家族とともに)寄り添おうとしている。
その前向きな心にこの本の温かみがあり、その結果生ずる異なる文化の衝突が、読者をわくわくさせてくれるのだ。

続きを読む "南仏プロヴァンスの12か月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

深夜特急

/沢木 耕太郎/  

26歳の『私』は、路線バスを乗り継いで、香港からロンドンまで行こうという壮大かつ無謀な計画を立て、実行する。

途中、行きずりの人の家に世話になり、娼館に宿泊し、時には病気になり、さまざまなことに興味を持ち、友達をつくり、また別れてゆく。

人に騙されたり、親切にしてもらったり、さまざまな経験を積んで、沢山の国を通り過ぎてゆく。

            

文庫本で6冊になる。

一時は、バックパッカーの多くがバイブルとして持ち歩き、海外のユースホステルでお互いに交換し合っていたと言う程、インパクトが強く、影響力のある本である。

沢木耕太郎の、メリハリのある鋭い描写が、旅の一瞬を切り取って、こちらに差し出してくる。

いつの間にか旅行していなくても、日常とは異なる眼で外を眺め、考えている自分に気づく。

私が一番好きなのは、香港でカジノにはまる処である。

私はカジノにのめりこんだことはないが、どんなふうにして人ははまっていくのか、リアルに描写されている。
次第に夢中になり、頭がフル回転し、コツを飲み込んだ!と興奮する瞬間。
ルーレットの回るカラカラという音と共に、そのカジノの怖さをたっぷり堪能した気持がする。

ぜひ読んで、ギャンブルの恐ろしさを味わってください。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

ぽちっと押してください。
励みになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)