サイエンス

2010年2月22日 (月)

鼻行類

新しく発見された哺乳類の構造と生活
/ハラルト・シュテュンブケ 著    日高敏隆/羽田節子 訳

最初に発行されたのは、1961年。
翻訳には1972年版を用いたそうである。
訳者は、ソロモンの指環も翻訳している。

内容は、近年になって新しく発見された哺乳類の中でも独特なグループ(目)に属する『鼻行類』の生態に関するレポートで、綿密な資料と図版によって裏付けされた学術書である。
目というのはかなり大きなグループで、たとえば食肉目(ネコ目)にはネコの仲間はもちろん、イヌやハイエナ、クマ、イタチ、スカンク、レッサーパンダ、アシカ、アザラシなどが含まれる。
これだけ大きなグループの発見がなぜこんなに遅れたのかというと、鼻行類が南海のハイアイアイ群島にのみ分布し、その群島そのものが1941年まで知られていなかったからである。
最初の発見者は日本軍の捕虜収容所から脱走し、総面積1690平方キロメートルのこの群島を発見したのだ。
そしてこの島の唯一の哺乳類が鼻行類だったのである。

鼻行類(ハナアルキ)の特徴は、鼻が特殊な進化をしているという点である。
現在14科189種が発見されているが、ほとんどが鼻を運動器官として用いている。
ガラパゴス諸島のダーウィン・フィンチは嘴が多様に進化したが、ハナアルキの多様性はさらにすごい。
ムカシハナアルキだけは、トガリネズミに似た生活と体型で、鼻は強大だが餌を採るときにのみ用い、移動には四肢を使う。
他の種は、鼻を使ってナメクジのようにはいずるもの、移動せずに鼻を地面につけたままで暮らし尾から出す分泌物で小さな昆虫をおびき寄せて捕食するもの、水中に住んで長く伸びた鼻を呼吸器に使うもの、関節のある鼻を使って跳ねまわるもの、大きな耳でハチのように羽ばたきながら飛びまわり長い鼻で蜜を吸うもの、逆立ちをして4本の鼻を地面につけ歩きまわるもの、6本の鼻を周囲に長くのばして広げ昆虫などを捕食をするものなど、形態から生活様式まで多岐にわたる。
食性も、主に昆虫食だが、プランクトン食から果実食、風変わりな共生までいろいろである。
大きさも、シャコ貝に寄生するごく小型のものから、体長2m以上のものまでいる。
全113ページ中の84ページまでが、各グループの移動方法、食性や生殖などに関する報告で、そのあと1940年代と50年代の参考文献が続く。

続きを読む "鼻行類"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

どうぶつ学名散策

/小森 厚/ 

動物たちの学名についてのさまざまな蘊蓄を、著者の実学上の豊富な知識と、長年にわたる資料の研究に基づいて書かれた本である。
著者は、長年上野動物園や多摩動物園に勤務しラベルの仕事を担当してきた方である。
仕事上必要になってラテン語やギリシア語を独学で学び、学名というものに一般の読者も気軽に親しめるように工夫して章だてをし、興味深い例をたくさん挙げて紹介したものである。

まずリンネの二名法の紹介から始まる。
次に、数に基づいたもの(1はイッカク(角がひとつ)、2はサイチョウ(嘴がふたつ)など)、色彩に基づいたもの(ダイサギ(白いサギ)など)、鳴き声からつけたもの(カッコウの属名ククルスなど)、地名に由来するもの(トキはニッポニア・ニッポン、ニホンジカはケルヴス・ニッポンなど)、神話や聖書からとられたもの、それはもう多岐にわたり、さまざまなおもしろいケースが列挙されていく。

著者は、自分が動物園で取り扱ってきた哺乳類、鳥類の割合が多くなってしまったと書いているが、魚類、昆虫類も出てくるし、日本固有種から外国にしかいないものまで、扱う動物たちの範囲は広い。
巻末の索引を数えてみたら、哺乳類125種、鳥類89種、爬虫類13種、両生類7種、魚類15種、昆虫類18種、昆虫以外の無脊椎動物10種、植物7種であった。

単に学名を列挙するのではなく、なぜその学名がついたのか、その由来も詳しい。
たとえばゴクラクチョウはインドネシアからパプア・ニューギニアにかけて分布する鳥なのだが、その1種のオオフウチョウは『あしのない、極楽の鳥』という意味の学名がついている。(英名も、バード・オブ・パラダイスという。)
それは、1700年代にヨーロッパに送られた剥製は、その飾り羽を傷つけないように足を切り取った状態で箱詰めされていたからである。

学名の紹介のみならず、頻繁に出てくる動物そのものの紹介がまた興味深い。
たとえば、『~がない』という意味で学名がつけられた例としてアシナシトカゲが登場するが、そこでトカゲとヘビの違いなども説明してくれる。
ちなみに、アシナシトカゲは足がなくひょろ長い生物でみかけはヘビのようだが、れっきとしたトカゲなのである。
ワライカワセミの鳴き声を録音しようとしたときの苦労話も、動物園勤務をしてきた著者ならではの逸話である。

さらに、本に豊富に載っている挿絵が美しく、分かりやすい。
挿絵は本田公夫氏によるものである。

続きを読む "どうぶつ学名散策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

ハチはなぜ大量死したのか

/ローワン・ジェイコブセン/

たくさんのデータ、慎重な分析をもとに、とても綿密に書かれた科学書。
ミツバチの生態のみならず、現代社会の農業のありかた全般にまで言及する、幅広い視野で書かれている。
2009年1月発行。
雑誌の見出しのようなタイトルから連想される、大衆向け情報誌とは一線を画している。
(多くの人が邦題よりも、原題の『実りなき秋』にすれば良かったのに、と残念がっている。私もその一人だ。)

出だしは、不気味な事件から始まる。
2006年から世界中を席巻した、セイヨウミツバチの大量死についてである。
死というべきかもわからない。
巣箱から大量の蜂蜜を残したまま、ミツバチたちが消えてしまったのだ。
はじめ自分が飼い方のどこかで誤りを犯したのかと恥じていた養蜂家たちは、この現象が世界的なものだと知ってあわてる。
原因は何だろうか。
地球温暖化?
遺伝子組み換え作物?
それとも、オゾン層の破壊?

この本では、簡単に結論に飛びつかず、まずミツバチたちの生活から詳しく説明をしている。
その中で、53ページから4ページほどにわたって書かれた、さなぎから孵ったばかりのミツバチの立場から見た世の中の描写が好きだ。
みつばちマーヤの冒険のように、ミツバチの目で世界を描いている。
まるで童話のような1シーンだが、まさしくミツバチの生活なのだ。
仕事に従事し、突然命を失う。
わずか6週間の短い生命の物語だ。

続きを読む "ハチはなぜ大量死したのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

星座を見つけよう

/H.A.レイ/

表紙で2人の子どもが『わーい おもしろそうだな!』『たのしくやろうよ!』と話し合っています。
この2人が、本の中でも星座の説明を手伝ってくれています。
子どものときからの愛読書で、私はこれで星座を独習しました。
『おさるのジョージ(ひとまねこざる)』シリーズの著者が文も絵も書いています。

中を開くと、星座の形と覚え方が、独特の方法で示されています。
見つけやすい北の空から始まって、一等星を含む15の星座、季節の星空、という具合にレベルアップしていきます。
ところどころにクイズのページがあったり、『明るい星と暗い星』『光年』などの知識が身に着くコラム、各星座にまつわるギリシア神話の簡単な紹介などが挿まれ、子どもがひとりで楽しく学習をすすめていけます。

続きを読む "星座を見つけよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

眼の誕生

カンブリア紀大進化の謎を解く

/アンドリュー・パーカー/

訳者あとがきが面白い。

『本書は目から鱗の物語である。しかも、二重の意味で。』

その後にこの本の内容紹介と、どんな風に目から鱗なのかの説明があるが、『なるほどそういう意味か!さすがだね、渡辺さん。』と、思わず膝を打つ。

目から鱗なのだから、種明かしをしてしまえば単純な話なのだ。

この本がすぐれているのはそのアイデアの斬新なことだけでなく、それを裏付けるたくさんの資料によって、説得力をもって読者にせまってくるところである。

続きを読む "眼の誕生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

化石ウォッチング in City

/三宅隆一・川瀬信一 共著/ カラーブックス

ここでご紹介するのは、ハンマーもたがねも要らない、街での化石探索です。

もちろん、地図を片手に誰もいない崖や河原で化石を掘るのは、宝探しのようで夢中になります。

でもこれは、ショッピングのついでに街で化石を探すハウ・ツーブックです。

カメラやルーペがあると、いいかもしれません。

目的地は、デパートやホテル、博物館の大理石の壁や階段です。

続きを読む "化石ウォッチング in City"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

ソロモンの指環

/コンラート・ローレンツ/ 日高敏隆[訳]

『刷り込み』はご存知だろうか?
ガンなどのヒナが、卵から孵って最初に見た動くものを、親と認識してついて回るという現象である。

ロレンツはこれを最初に発見し世間に紹介した動物行動学者であり、これは彼の書いた一般向けの動物行動学の本である。



  

続きを読む "ソロモンの指環"

| | コメント (0) | トラックバック (0)