コミック

2010年2月 2日 (火)

ゑひもせす

/杉浦 日向子/

江戸研究家の著者は、駆け出しの頃、漫画を描いて口糊をしのいでいた。
最初の作品は『合葬』、1984。
それが見当たらないので、1990年のこの作品をまずご紹介する。
なにしろ彼女の作品は、いずれをとっても(たとえば『ソバ屋で憩う』)、おもしろい。

さてこれは『現代浮世絵師』と呼ばれた著者が、温かみのある図柄と斬新なストーリーで、他の誰にも真似ができない新鮮さをもって『江戸の庶民たち』を描いていたものである。

たとえば実らぬ初恋にじれながら嫁入りする箱入り娘、
若い頃の熱血ゆえに家族に迷惑をかけ自分は死にそこなった坊主の昔語り、
おいらんと武骨者のやりとり、
おいらんと薄情な男の色気たっぷりなやりとりなど。

続きを読む "ゑひもせす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

深夜食堂 1~5

/阿倍 夜郎/

今夜は少しアルコールが入っているので、軽めのお気に入りをご紹介しよう。
ほっと心をなごませる、短編集だ。
思わず台所に立って、何かつまみを作りたくなる。

続きを読む "深夜食堂 1~5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)