サイエンス DVD

2010年1月11日 (月)

プレヒストリック・パーク

おなじみの自然動物学者ナイジェル・マーヴェンが、過去へタイム・トラベルする。
恐竜やマンモスなどを動物保護区『プレヒストリック・パーク』で飼うために連れてくるためだ。
その冒険を、アニマトロニクスやCGを駆使して6つの物語で紹介している。

要するにSF(サイエンス・フィクション)なのだが、現代の知識で分かっている限りの事実に基づいて正確に恐竜たちの生態を描き、それを分かりやすくナイジェルが説明してくれている。

なぜタイムトラベルができるかは、問わないのがここでのお約束だが、そのこと以外は細かいところまで、科学的によく配慮されている。
たとえば恐竜の時代、植物は裸子植物とシダ植物ばかりで、草本類はまだ現れていなかった。
だから撮影は、そのような風景の場所を選んで行われている。
時代考証にこだわるだけでなく、選ばれた風景は、広大で美しい。

恐竜などの動物たちの動きは自然で、あたかもそこにいるようだ。
現代最高の技術を駆使して制作されていること、間違いがない。

またナイジェルを応援するパークの職員たちはユーモラスで暖かく描かれ、見ていて楽しい。
パークには、本物のヘビやオウム、ゾウなどもいるのだ。
動物好きには、たまらない。
ぜひそこで働きたくなる。

続きを読む "プレヒストリック・パーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)