SF

2010年2月 3日 (水)

闇の左手

/アーシュラ・K・ル・グィン/

1969年に発表され、グィンのSF作家としての名前を確実にした一冊。
これをSFでないと酷評する人もいるけれど、私はとても素晴らしい作品であると思う。

コミュニケーション・ツールである『アンシブル』以外の機械類はほとんど出てこないが、著者は『ゲセン』という惑星の環境と、そこに暮らす人たちの両性具有という生態、それに関わって生じる特殊な社会と心理、そして外交使節として訪れたゲンリー・アイとの心の交流を細やかに描いている。

惑星ゲセンでの人々の暮らしは、ところどころに『民話』を挿入するという手法によって、物語の語り手ゲンリー・アイの観察者として見た目による情報だけでなく、地の文化を生で紹介してもらうという形で把握することができ、読者が『ゲセン』の歴史と人々の考え方や感じ方をよりよく理解できるように書かれている。

ゲンリー・アイは、主人公エストラーベンとともに、厳しい大自然の中を大移動する。
ここは雪と氷に閉ざされた世界だ。
『ゲセン』という惑星は、初期の入植者たちが両性具有という遺伝的実験を試すきっかけとなり、果ては中央社会『エクーメン』との交流が途絶えてしまう原因となった程寒さが尋常ではないところなのだ。
当然2人は生きることの限界にまで追い込まれる。
そしてそのとき2人の間には深い心の交流が生まれる。

続きを読む "闇の左手"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

歌う船

/アン・マキャフリー/

我ながら偏った取り上げ方だと思いますが、マキャフリーはSF小説の中でもとっつきやすいと思っているので、もう少しお付き合いお願いいたします。
次にご紹介する予定の『竜』のシリーズも素晴らしいですが、私はこの『船』シリーズが彼女の作品の中でも一番好きなのです。

生まれつき身体に障害を持っていたため、その身体から切り離されたヘルヴァの脳は、『頭脳船(ブレイン・シップ)』とく偵察船の脳となるべく育てられたのだ。
そして16歳の誕生日にチタニウムの殻の身体に入り、ついに船として生まれ変わる。
どんな素晴らしいコンピューターにも負けない、柔軟性と経験を積んだ宇宙船。
その頭脳で、音楽を愛し、恋に落ち、嘆きもし、ひとりの女性として生きていくのだ。

ヘルヴァの趣味は、オペラを歌うこと。
何百歳も生きる彼女たちブレイン・シップの頭脳たちは、船体に閉じ込められているという意味で『殻人(シェル・パーソン)』と呼ばれる。
それに対して、こうしたブレイン・シップを繰る操縦士たちは『筋肉(プローン)』と呼ばれる。
シェル・パーソンとプローン組み合わせは結婚のようなものである。
なぜなら彼らは大抵ペアで75年間も、ともに生活するからである。

続きを読む "歌う船"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

クリスタル・シンガー

/アン・マキャフリイ/

主人公キラシャンドラ・リーは、冒頭で声楽家への夢を失う。

これは全編が、失った夢の代わりに新たなる天職を掴み、クリスタル・シンガーとして目覚ましく変身していく女性の物語りである。

その道の第一人者となる確率は、わずかしかない。
しかもクリスタル・シンガーになることを、出会った誰もが反対する。
反骨精神に充ち溢れるキラシャンドラは、夢を失った反動もあって、反対されればされるほどクリスタル・シンガーを目指したくなる。
その『目指したい』という気持ちが、彼女のその後に大きく影響するのだ。

続きを読む "クリスタル・シンガー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

ブルー・シャンペン

/ジョン・ヴァーリイ/

1986年に出たSF短編集。
表題の作品は、その2つ目に収録されている。

舞台は月に設けられた、人工力場発生器のおかげでシャンペン・グラス型の形を保っていられるプール、『バブル』だ。

主人公は、プールの救助員、クーパー。
筋骨たくましく、泳ぐことが好きな他にはほとんど何も考えていないようだが、何かにこだわりを持っている。

バブルで知り合ったタレント、メガン。
少女の頃に首の骨を折る大ケガをした女性だが、大金持ちの両親のおかげで美しく装飾された人工骨格『黄金のジプシー』を装着し、厳しい訓練を経て、モデルとして再起した。

2人の間の美しく悲しい、ラブ・ロマンス・・・
SFという設定を最高に活かし、重いテーマを取り扱いながら、さわやかにまとめてくれている。
私の最高にお気に入りの作品である。

続きを読む "ブルー・シャンペン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たったひとつの冴えたやりかた

/J・ティプトリー・ジュニア/  挿し絵:川原由美子

最初に登場するお話の主人公は、16歳のファースト・コンタクト(宇宙人と最初に接触すること)にあこがれる少女。

色恋沙汰には興味がないが、好きなことには夢中になる元気な女の子だ。

彼女は偶然のことから、望み通りのファースト・コンタクトを体験する。

相手は、脳に寄生するタイプの宇宙種族だ。

続きを読む "たったひとつの冴えたやりかた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)